二日酔い 吐き気 止まらない 対処

二日酔いで吐気が止まらない場合の対処法と注意点

スポンサーリンク

二日酔いの症状というのはさまざまです。
頭痛、吐き気、胃もたれ、下痢など多くの症状が起こります。
今回は吐き気が止まらない場合の対処方法についてお話していきましょう。

 

 

【吐き気が起こる原因】
二日酔いを引き起こすアルコールが原因であることはほとんど間違いありません。
主にこれら3つのことが原因となります。

 

・アセトアルデヒドによるもの
・脱水症状によるもの
・低血糖症によるもの

 

これらのものがほとんどですが、胃の不調によって起こる場合もあります。
その場合には胃もたれや胸焼けなどの症状が起こっていると考えられます。

 

上述した3つはアルコールが原因で起こっています。
アセトアルデヒドはアルコールを分解する際に発生する有毒物質です。
これが身体に回ることによって二日酔いを引き起こします。

 

また、アルコールには利尿作用がありますので脱水症状となっている場合も多いです。
さらにアルコールを分解する過程で肝臓では多くの糖分が使用されます。

スポンサーリンク

糖分を失ってしまうと身体にまで糖分が行き渡らなくなってしまい、低血糖を引き起こす可能性があります。
その場合には吐き気や嘔吐、震えなどの症状が起こります。

 

【止まらない場合の対処方法】
まずここでの注意点ですが吐き気があるからといって無理やり嘔吐することは避けましょう。
嘔吐を繰り返すことによって起こるマロリーワイス症候群の危険性があります。
これは無理やり嘔吐を繰り返すと食道と胃の間の粘膜が破れてしまい、出血する症状です。

 

吐き気が止まらない場合には水分補給を行いましょう。
これが一番の対処方法になります。
アルコールの影響によって脱水症状になっているため、水分補給が大切です。
さらに水を飲むことによって代謝が活発となり、アルコール濃度を薄めることにもつながります。

 

対処方法には食べ物を食べるとこともありますが食欲はないと思いますので食べ物を摂取することは出来ないと思います。
その際に役立つのが水分です。

 

二日酔いを改善してしまえば、多くの症状は緩和します。
しかし、二日酔いがおさまっても止まらない場合には病院へ行くことも重要です。

スポンサーリンク

二日酔いおすすめサプリメントランキング