二日酔い 耳鳴り 対処

二日酔いで耳鳴りが起きる原因と対処方法

スポンサーリンク

二日酔いはさまざまな症状が起こります。
多くの場合には頭痛や吐き気、胃の不快感などが引き起こされますが、意外な症状が起こる場合もあります。

 

そのひとつに「耳鳴り」が挙げられます。
その原因と対処方法についてお話していきましょう。

 

 

【耳鳴りとは…】
耳鳴りというのは音がなっていないのに音がなっているように聞こえている状態のことを指します。
自分だけが聞こえるものを自覚的耳鳴り、他の人にも聞こえるものを他覚的耳鳴りと呼んでいます。
静かな場所でのシーンという音も飛行機で気圧の変化によるキーンというのも耳鳴りとなります。

 

【二日酔いでも起こることがあるのか?】
一般的にはそこまで多くない症状です。
まず大前提として鳴りやまない場合には病院へ行くことが重要です。

 

アルコールが原因として起こるということは多くはありませんが、考えられるのはアルコール依存症に陥り、自律神経失調症になっている可能性が挙げられます。

 

そこまでひどくないと考えられる場合にはストレスの可能性もあります。

スポンサーリンク

過度なストレスによって自律神経が乱れている場合には耳鳴りを起こす可能性があります。
ストレスによって自律神経に乱れが生じると交感神経が優位に働き、血流が上昇し、内耳や脳に影響を及ぼす場合があります。

 

その場合には耳鳴り、めまい、頭痛、肩こりなどが同時に起こることもあります。
ストレスを発散するために大量にアルコールを摂取するということもあるかと思いますので、アルコールが引き金となってしまうと考えられます。

 

【対処方法】
まずはお酒を飲み過ぎないということが大切です。
アルコールを摂取し、二日酔いの時にだけ起こるということはアルコールを摂取しなければ耳鳴りは起こりません。
ストレスが原因である場合にはストレスを発散させることで解消される可能性があります。
運動したり掃除をすることによってもストレス解消になります。

 

【まとめ】
二日酔いで耳鳴りの症状が出るということはそこまで多い症状ではありません。
また、病気が原因で起こっている可能性もあります。
病気が原因である場合には対処方法はありませんので病院へ行きましょう。

スポンサーリンク

二日酔いおすすめサプリメントランキング