二日酔い 会社 休む 言い訳

二日酔いで会社を休む際のオススメ言い訳3選/評価を上げるためには…

スポンサーリンク

二日酔いはさまざまな症状が起こります。
頭痛、発熱、吐き気、胃もたれ、胸焼けなどの症状が起こりますので動けないほどになってしまうこともあります。
その場合には会社を休まなければならない状態になってしまうこともあるでしょう。
休むための言い訳をいくつか紹介していきましょう。

 

 

【会社への伝え方】
今の時代は連絡手段がさまざまな方法があります。
メールや電話、時にはlineで送れる時代です。
連絡手段は電話が一番です。
会社を休むという重要なことをメールやlineなどの文章で終わらせてしまうと後々、叱られる可能性があります。
この場合には電話をかけて自分の言葉で伝えるのが一番です。

 

【オススメの言い訳】
仮病の使い方が上手い人もいれば下手な人もいます。
咳の仕方が上手い、喉が痛いときのガラガラ声が出しやすい人もいます。
特に電話の場合には声のトーンで体の調子がわかってしまう場合もありますので細心の注意を払いましょう。

 

「熱があるので休ませてください」
最もポピュラーなのが風邪で休むと伝えることですが風邪に感染すると咳やガラガラ声になっている人もいますので、バレてしまう可能性が高くなります。

スポンサーリンク

しかし、熱があると伝えれば風邪だけでなく、そのほかのさまざまな病気も連想数ることが出来ます。
その際のコツとしては体温をきちんと申告しましょう。
きちんとと言ってもこの場合には数字をはっきり伝えることが大切です。
「38度の熱が出ていますので休ませてください。」と伝えましょう。

 

「冠婚葬祭があるので休みます」
こちらも有名な方法だと思います。
ただ結婚式などの予定が事前に決まっているはずのものだと怪しまれますので法事関係にするのが一番です。
この場合には出来るだけ遠い親戚がベターです。
近い親族の場合には香典などを会社が用意するケースもありますので遠い親戚に設定しましょう。

 

「家族の看病がある」
親や奥さんなどの調子が悪くどうしても病院へ連れて行かなければならないので休む旨を伝えます。
上司としても自分以外の話にはプライベートなことになりますので突っ込みにくくなります。
その際に重要なことは朝連絡した後に午後、もしくは夕方にもう一度連絡することです。
「検査したとこと問題ありませんでした」などと伝えることによって自分の評価を上げることにもつながります。

 

【まとめ】
仮病や他のことを言い訳にして会社を休むということはあまり良いことではありません。
ただし二日酔いでどうしても動けない場合には休むしか方法がない場合があります。
「二日酔いで休ませてください」というのはどうしても印象が良くありませんので、言い訳を考えたほうが良い場合もあります。
ただし繰り返し過ぎると自身の評価を下げるだけなく、信用も失ってしまうことになります。
次の日が仕事の場合には飲み過ぎないように注意することも大切です。

スポンサーリンク

二日酔いおすすめサプリメントランキング