二日酔い 寒気 関節痛

二日酔いで寒気や関節痛の原因とは!?

スポンサーリンク

仕事先での飲み会、友人との飲み会、バーベキュー、お酒を飲む形はさまざまで広く親しまれています。
しかしお酒を飲み過ぎてしまうことによって次の日に辛い現実が待っていたなんてことがあると思います。
頭痛、吐き気、倦怠感など症状はさまざまですが身体は不調になってしまいます。

 

今回は「寒気」と「関節痛」に焦点を当てお話していきましょう。

 

 

関節痛が起こる原因にはさまざまなことが考えられますが、二日酔いの大きな要因となっているアセトアルデヒドが大きくかかわっています。
アルコールには利尿作用があり、また分解する過程でも水分を消費します。
そのため身体の中の水分のバランスが崩れてしまいます。

 

これによってアセトアルデヒドが関節に溜まってしまい関節痛の原因となっていると考えられます。
人間の身体のほとんどは水分によって作られていますのでその水分バランスが崩れるというのはやはり身体の不調となって現れます。

 

さらにアセトアルデヒドの悪影響には頭痛やむくみ、吐き気などさまざまな症状が起こると考えられていますので飲み過ぎには注意が必要です。

スポンサーリンク

寒気が起こる原因はアルコールによって熱が外へ放出されるためです。
アルコールには血管拡張させる作用がありますので体温が上がりますので熱を外へと逃がそうとします。
熱を外へと排出してしまうことによって寒く感じることがあります。

 

また利尿作用もありますので、トイレに行く機会が多くなり脱水症状となっている可能性も考えられます。
寒気というのは特に注意が必要でけいれんや意識が朦朧としている場合には急性アルコール中毒の可能性もありますので注意してください。
次の日にそのようなことになることは考えにくいですが万が一そのようなことになった場合にはすぐに病院へ行ってください。

 

このように二日酔いにはさまざまなことが考えられます。
脱水症状、アセトアルデヒドの悪影響、他にも低血糖症となっている可能性もありますので注意が必要です。

スポンサーリンク

二日酔いおすすめサプリメントランキング