二日酔い 目が痛い 原因 対処

二日酔いで目が痛い!原因と対処方法はコレだ!

スポンサーリンク

二日酔いというのはお酒を飲み過ぎてしまった翌日に起こる症状です。
頭痛、吐き気、胃痛、腹痛、筋肉痛などが起こります。
これはアルコールを分解する過程で生成されるアセトアルデヒドによって起こっています。
しかし、このような症状だけではありません。

 

目が痛いという場合もあります。
今回は二日酔いの目の痛みについてお話していきましょう。

 

 

【症状】
多くの人が起こる症状ではありませんが、一部の人は目に違和感を感じるという人がいます。
主にこのような症状が起こります。

・目が痛い・目の奥が痛い
・目が乾く
・目がチカチカする
・目の周りが痛い

これらの症状が起こる場合があります。

 

【原因】
ではなぜこのような症状が起こるのでしょうか。
これにはアルコールの作用が関係しています。
アルコールには血管拡張作用がありますので血行がよくなります。
そのため眼球の中、その周りの毛細血管などの血流が良くなることによって眼圧が上がってしまいます。
そのため眼球や周りが通常とは異なる状態となりますので痛みが出る場合があります。

スポンサーリンク

「お酒が弱いと目が充血する」
お酒が弱い人がお酒を飲むと目が充血する人がいます。
これも同じことが考えられます。
アルコールの血管拡張作用によって目の中の血流が良くなっているためです。

 

【対処方法】
基本的に二日酔いにならない程度に飲むということが大切です。
アルコールの摂取量が少なければ少ないほど分解に要する時間は短くなります。
またアセトアルデヒドが生成される量も少なくなりますので二日酔いになりにくくなります。

 

目が痛い場合の対処方法というのはアルコールの影響によるものですので二日酔いを改善することによって対処することが出来ます。

 

二日酔いの一番の対処方法というのは水分補給です。
原因はアセトアルデヒド以外にも脱水症状になっている可能性もあります。
まずは水分補給をしましょう。

 

コンタクトレンズをしている場合には飲み過ぎたからといって付けたまま寝ることは眼球には負担になりますので痛みが出る可能性もあります。

 

【まとめ】
目が痛いという症状が起こる場合の原因と対処はこのようなものがあります。
二日酔いを改善することによって痛みは徐々に引いていく場合がほとんどです。
それでも痛みが治まらない場合には病院行きましょう。

スポンサーリンク

二日酔いおすすめサプリメントランキング