お酒 アルコール 飲み過ぎ 血便

お酒(アルコール)を飲みすぎて血便が出ることがある?

スポンサーリンク

お酒というのはさまざまな場所で飲む機会があると思います。
楽しい席ばかりならいいのですが、時には断れないような席もあるでしょう。
ついつい飲み過ぎてしまうということもありますよね。
そのあとに待っているのは頭痛や吐き気などの症状です。
翌日に出るものを総称して二日酔いと言っています。
それだけならいつもの症状ですが血便が出る場合もあるのでしょうか。
そこについてお話していきましょう。
まず血便というのは便に血が混ざっている状態のことです。
色もさまざまなものがあり、真っ赤である場合や黒っぽくなっている場合などさまざまなです。
真っ赤(鮮血)になっている場合には出口の近くで出血が起こっています。
しかし黒っぽくなっている場合には出口から遠い場所で出血しています。
黒っぽくなる場合には胃や十二指腸などで出血していると考えることができ、胃腸を通ってくるうちに色が吸収されて抜けてしまっています。
そのため黒っぽい状態になります。

スポンサーリンク

アルコールが原因となって起こっているとは考えにくいです。
ただし慢性的に飲み過ぎてしまっている場合には胃や十二指腸などの胃腸に繰り返し負担がかかることによって胃潰瘍や十二指腸潰瘍になっている可能性もあります。
この場合には早めに病院へ行きましょう。
血便というのは色によって判断することが出来ます。
鮮血の場合には痔であることが多いです。
しかしその場合にも痛みが伴っている場合もあるかと思いますので病院へ行くことが大切です。
血便が起こる病気は他にも大腸がん、直腸がん、胃がん、大腸炎、胃ポリープなど消化器系の病気の可能性があります。
基本的に血便が出た場合には病院を受診することをお勧めいたします。
またお酒というのは身体には負担になるものです。
飲み過ぎないように注意することも大切です。
病院での検査方法は内視鏡検査をすることがほとんどです。
血便がある場合には肛門科、もしくは消化器内科に行きましょう。
専門的な知識があるのはこの2つの科になります。

スポンサーリンク

二日酔いおすすめサプリメントランキング