お酒 飲み過ぎ 症状 皮膚が痛い

お酒の飲み過ぎで皮膚が痛い症状が出る原因

スポンサーリンク

楽しい飲み会や気の合う仲間と飲むお酒…とても美味しく飲むとついつい飲み過ぎてしまうということが多々あるかと思います。
しかし飲む量を間違ってしまうとさまざまな症状が起こります。
頭痛や吐き気などが二日酔いの代表的なものですが、皮膚が痛いという場合もあります。
皮膚の痛みについてお話していきましょう。
基本的にはアセトアルデヒドという物質が原因で起こっていると考えられます。
アセトアルデヒドというのはアルコールを分解する過程で生成される物質で体には毒になるものです。
これが原因によってさまざまな症状が起こります。
頭痛や吐き気、食欲不振、ひどい場合にはめまいなども起こる可能性があります。
この影響が皮膚に出ていると考えることができます。
またアルコールを分解するのは肝臓ですがその際に水分とビタミンを使用して分解していきます。
これはお酒を飲み始めたあたりから行われています。
さらに飲み過ぎてしまうことによってビタミンが不足していくことになります。

スポンサーリンク

その状態になってしまうと筋肉に影響が出て、筋肉の痛みや皮膚の痛みが出る場合があります。
このような症状をアルコール筋症といいます。
アルコールが原因となるのはこのようなことが考えられます。
皮膚がチクチク痛むような場合には他の病気の可能性もあります。
帯状疱疹、神経痛、ヘルニア、更年期障害、乾燥肌などさまざまな病気が挙げられます。
神経痛などの場合には人へとうつる心配はありませんが帯状疱疹はうつる可能性があります。
ウイルスに感染することによって起こり、皮膚の痛みや赤くぶつぶつとなる場合にはこちらを疑いましょう。
その場合には病院へ行き処置してもらいましょう。
多くの場合にはビタミン不足が原因で起こっていることが多いです。
しかしどのような病気が隠れているかわかりませんので病院へ行くことも重要です。
またアルコールが原因となっていると確定できる場合にはアルコールの分解が終われば症状も緩和されていくことがほとんどです。
アルコールの分解を促進する食べ物や飲み物などによって分解を促進させましょう。

スポンサーリンク

二日酔いおすすめサプリメントランキング