牛乳 飲み過ぎ 嘔吐 対処

牛乳を飲み過ぎて嘔吐した場合の対処方法

スポンサーリンク

牛乳というのは昔から飲まれていて広く親しまれている飲み物です。
味が好きだという人も入れば、健康のために飲んでいるという人もいます。
確かに健康には良い成分が多く含まれています。
しかし飲みすぎてしまった場合には気持ち悪くなってしまったり、ひどい場合には嘔吐してしまう可能性もあります。
今回は嘔吐する原因と対処方法についてお話していきましょう。
牛乳にはタンパク質やビタミン類、ミネラルやマグネシウム、亜鉛、ヨウ素などさまざまな栄養素が含まれています。
この効果は美容、疲労回復、整腸作用、便秘解消などに効果があると言われています。
しかし過剰に摂取してしまうと身体には負担となってしまいます。
その原因は「ラクターゼ」にあります。
ラクターゼというのは牛乳に含まれている乳糖を分解するのに必要な消化酵素です。
子供のころは多く持っているのですが大人になるにつれてどんどん少なくなっていきます。
昔は飲めたけど今は飲めないという人がいるのはこのためです。

スポンサーリンク

乳糖が分解できずに胃腸の中に残ってしまうと微生物が残った乳糖を使用することによって二酸化炭素が発生します。
そのため腹部に膨満感が起きたり吐き気、げっぷなどの症状が起こります。
ひどい場合には嘔吐してしまうこともあります。
このような原因で牛乳によって悪影響がある場合があります。
吐き気や嘔吐の対処方法は出来る限り安静にして、水分補給を行うことです。
また下痢を伴っている場合にも同様です。
嘔吐や下痢などによって水分が失われてしまうと脱水症状になりかねませんので注意しましょう。
また嘔吐した際の胃酸によって食道が傷つけられてしまう場合がありますので水などに飲んで喉を洗浄しましょう。
飲み過ぎてしまわなければ健康には良い飲み物になります。
ただしアレルギーによって症状が起こっている場合には飲むのをやめましょう。
無理に飲んでしまうと危険な場合もあります。
このようなことが原因で起こっています。
症状がおさまらない場合には他の病気の可能性もありますのでおかしいと感じた場合には病院へ行きましょう。

スポンサーリンク

二日酔いおすすめサプリメントランキング