お茶 飲み過ぎ 吐き気 対処

お茶の飲み過ぎで吐き気が起こった場合の対処方法

スポンサーリンク

昔から日本で愛されている飲み物のひとつにお茶が挙げられます。
食事の際には緑茶を飲むという人は多いのではないでしょうか。
これは健康を維持するうえでもとても優れております。
しかし健康に良いと言っても飲み過ぎてしまうと身体には負担になってしまうことがあります。
吐き気などの症状が起こる場合もあります。
その原因と対処方法についてお話していきましょう。
お茶というのはカテキンが含まれており健康を維持するためには良いと言われています。
カテキンだけでなくビタミン類、カフェイン、アミノ酸、ミネラルなどさまざまな成分が含まれています。
カテキンには抗菌作用があると言われています。
さらにお茶にはアレルギーを抑えたり集中力を高める効果があると言われています。
しかし飲み過ぎてしまうと吐き気などの症状が起こります。
他にも頭痛、めまい、嘔吐、動悸などの症状が起こる場合もあります。
これは「カフェイン」の過剰摂取によって起こります。

スポンサーリンク

カフェインの飲み過ぎでこのような症状が起こることがあります。
これは利尿作用で脱水症状になってしまったり、頭痛やめまいなどの症状が起こることがあります。
さらにタンニンという成分も影響していると考えられます。
タンニンは鉄分と結合する物質です。
鉄分は吸収されなくなってしまいますので貧血になっていることも考えられます。
基本的にはカフェインとタンニンが身体に悪影響を及ぼしていることが多いです。
そのため飲み過ぎないように注意することが必要です。
吐き気の対処方法は無理に我慢せずに吐けるときは吐いた方が良いです。
しかし無理に吐いてしまうと危険となる場合もありますので注意しましょう。
まずは楽な体勢になって気持ちを落ち着かせましょう。
ミントの匂いを嗅ぐなどで抑えてくれることもあります。
吐き気というのは対処方法が難しいです。
特に食中毒などの場合には吐くことを我慢してしまうと原因となるものを身体に閉じ込めてしまいます。
吐いた方が良い場合もあります。
どうしても辛い場合には病院へ行きましょう。

スポンサーリンク

二日酔いおすすめサプリメントランキング