飲み過ぎ 微熱 原因

飲み過ぎで微熱が出る原因と対処方法

スポンサーリンク

飲み過ぎてしまった場合にはさまざまな症状に見舞われます。
特に新年会や忘年会のある年末年始や入社などがある春ごろにはお酒の付き合いも多くなるかと思います。
また楽しい友人との咳などは飲み過ぎてしまうことも多々あるかと思います。
その場合には二日酔いや悪酔いになってしまうこともあるでしょう。
今回は微熱が続く場合の原因や対処方法についてお話していきましょう。
微熱というのは平熱よりも体温が一度ほど上がった状態のことを指します。
それ以上に平熱より2度、3度と上がっている場合には高熱と呼んでいます。
基本的にお酒の影響で熱が出るということは良くあることではありません。
この場合にはアルコールの血管拡張作用によって起きていると考えることが出来ます。
アルコールには血管を拡張し血流を良くする作用があります。
そのため体温が高くなってしまうことがあります。
飲み過ぎた直後に体温を測ると微熱ほどの体温になっているということがあるようです。

スポンサーリンク

その場合には問題はありません。
ただし他のことが原因で起きている場合には注意が必要です。
本来、発熱というのは身体に入ってきた異物を排除するために起こる免疫機能です。
代表的なものは風邪です。
風邪のウイルスが身体に侵入してきた際にはウイルスを排出しようとして体温を上げます。
この状況が身体の中で起こっている場合には微熱の症状が起こる場合があります。
微熱がおさまらずに続く場合には他の病気も疑いましょう。
アルコールの血管拡張作用の他にもアセトアルデヒドが原因となって起こっている可能性もあります。
アルコールを分解する際に生成されてしまうのがアセトアルデヒドです。
これは身体にとっては有毒になりますので二日酔いなどさまざまな症状が起こります。
飲み過ぎてしまった場合にはアセトアルデヒドの量も多くなりますので熱が出る場合もあります。
このように原因というのはいくつか考えることが出来ます。
基本的にアルコールの分解が終われば自然に収まっていきます。
しかし続いてしまう場合には病院へ行きましょう。

スポンサーリンク

二日酔いおすすめサプリメントランキング