二日酔い 寒気 めまい 原因

二日酔いで寒気やめまいの症状が…その原因とは!?

スポンサーリンク

前日飲み過ぎてしまった次の日…頭が重くてなかなか起きれない、気持ち悪くてトイレに…など人によってもさまざまですが、このような経験はあると思います。

 

辛いこのような症状はどのような原因で引き起こされているのでしょうか?
今回は「寒気」と「めまい」についてお話していきましょう。

 

 

寒気は起こる原因はアルコールの作用が影響していると考えられます。
それはアルコールには血管を拡張させる作用がありますので、拡張することによって体温が上昇しますので熱を下げようと身体の外へと放出しようとします。
この際に寒いと感じることがあるため、寒気や震えとなって症状が現れます。

 

震えが出ている場合には低血糖症になっている可能性も考えられます。
アルコールは肝臓が分解しますがアルコールの量が多いと分解が追い付かず、さらには他の機能が低下してしまいます。
肝臓は身体にエネルギーを送る機能も備わっていますので、その機能が低下することによって糖分なども送れなくなります。
糖分が送れないと体内で糖が足りなくなってしまい低血糖症となり、頭痛や震えなどの症状が起こります。

スポンサーリンク

めまいは脱水症状が原因となって引き起こされている場合が多いです。
アルコールには利尿作用がありますので水分が身体の外へと排出されます。
これは飲んでいる最中にも言えることで飲みながらでも脱水症状となる場合があります。
脱水症状は他にも吐き気、頭痛、倦怠感などを伴うこともありますので注意が必要です。

 

その対処方法はまずは水分を補給しましょう。
水やスポーツドリンクなどが適しています。
胃の中は荒れているとも考えられますので胃にやさしいものを食べるようにしましょう。
しじみなどもオススメでしじみは肝臓の働きを促してくれますので分解を促進します。

 

低血糖症であると推測される場合にはご飯は食べれないと思いますのでビタミン豊富なオレンジやパイナップルなどのフレッシュジュースもオススメです。
このように二日酔いは人によってはめまいなどの症状が出る場合があります。
自分がどんな状態になっているかを知ることによって対処法もわかりますので正しい知識を身に付け改善していきましょう。

スポンサーリンク

二日酔いおすすめサプリメントランキング