飲み過ぎ 嘔吐 寒気 対処

飲み過ぎて「嘔吐、寒気」の症状が起きた場合の対処方法

スポンサーリンク

お酒を飲み過ぎてしまうとアルコールの作用によってさまざまな症状が起こります。
悪酔いや二日酔いなどが代表的なものではないでしょうか。
その症状というのはさまざまで頭痛や吐き気、食欲不振などが起こります。
今回は嘔吐や寒気の対処方法についてお話していきましょう。
アルコールの作用によって脱水症状になってしまったり、アセトアルデヒドが身体に巡ってしまうことによって引き起こされる症状だと考えられます。
特にアルコールというのは血管拡張作用もありますので血液の流れを良くします。
そのため飲んでいる最中はぽかぽかと暖かくなったり、ドクドクと血液が流れている感じがします。
寒い地域でお酒を飲むというのは暖かくする効果を期待しています。
しかし飲んで後には血管が拡張していると一気に体温を下げようとしますので寒気を感じることになります。
嘔吐の場合にはアセトアルデヒド、脱水症状によって起こっていると考えられます。
アセトアルデヒドというのはアルコールを分解すると出来る物質で体には毒になります。

スポンサーリンク

そのため吐き気を促すこともあります。
また脱水症状でも同様です。
身体の水分が失われてしまうと吐き気や頭痛などの症状が起こりますので注意が必要です。
特に飲み過ぎてしまいアルコールの量が多くなってしまうと顕著に症状が出ることが多いいです。
この対処方法はアルコールの分解を促進するしかありません。
逆を言えばアルコールの分解が終わってしまえば自然に治ると考えることが出来ます。
しかし水分補給はしっかりと行わなければなりません。
しじみや果物でもアルコールの分解を助ける働きがあります。
これの対処方法をしっかりと行うことによって早期完治を望むことが出来ます。
しかし寒気や嘔吐などの症状がおさまらない場合には注意が必要です。
他の病気の可能性もありますし、飲み過ぎた直後であれば急性アルコール中毒の可能性もあります。
症状がひどいと感じる場合にはすぐに病院へ行きましょう。
ガタガタと震え、意識が混濁しているようであれば救急車を呼んで一刻も早く対処を行いましょう。

スポンサーリンク

二日酔いおすすめサプリメントランキング