炭酸 飲み過ぎ 腹痛 対処

炭酸を飲み過ぎて腹痛になる原因と対処方法

スポンサーリンク

炭酸飲料というのはとても美味しいですよね。
私自身も大好きで週に数回は飲んでいます。
コンビニやスーパーだけでなく、家の近くの自動販売機でも販売されていますのでいつでもどこでも購入することが可能です。
美味しいものでも飲み過ぎてしまうと身体には負担になってしまうことがあります。
炭酸で腹痛になってしまった場合の対処方法についてお話していきましょう。
多くのジュースやお酒に含まれおり飲んだことがないという人は少ないと思います。
夏場に飲むととても美味しいんですよね。
しかし飲み過ぎてしまうことによって腹痛を引き起こしてしまいます。
これにはいくつかのことが考えられます。
・胃腸の動きが活発になる
・人工甘味料によるもの
・膨満感によるもの
このようなことが原因だと考えることが出来ます。
では詳しく見ていきましょう。
「胃腸の動きが活発になる」
炭酸に含まれている二酸化炭素によって胃腸の動きが活発になります。

通常であれば異常が出ないことも多いのですが胃腸が弱い人や弱っている人が飲み過ぎてしまうと過剰に動いてしまうことによって起こります。

スポンサーリンク

「膨満感によるもの」
さらに胃腸が膨張してしまうことによって空気が必要以上に送り込まれてきます。
そのため急に胃腸が動いてしまい胃痛、腹痛などの症状が起こる場合があります。
「人工甘味料」
コンビニなどで販売されている炭酸のジュースの中には人口の甘味料が多く含まれています。
人工甘味料は食べること自体は毒になるものではありませんが添加物ですので多く摂取してしまうと下痢や腹痛などの症状を引き起こしてしまいます。
このような原因があります。
ではどのように対処をすればいいのでしょうか。
基本的には症状が出た場合には自然に治ることがほとんどですが、症状が緩和されない場合には病院へ行くようにしましょう。
下痢の症状が伴っている場合には水分補給を行ってください。
ただし腹痛が他の病気などから起こっているとも考えることが出来ます。
放置してしまうと危険になる場合もありますのでおかしいと感じた場合には病院へ行きましょう。
一番の対処方法は医師の指示を仰ぐことです。

スポンサーリンク

二日酔いおすすめサプリメントランキング