酒 飲み過ぎ 血便

お酒を飲み過ぎた時に血便が起こる原因と対処方法

スポンサーリンク

気の合う友人との飲み会や仕事関係のお酒の席などさまざまなシーンでアルコールを飲む機会というのはあると思います。
楽しいですしストレス発散にもなります。
しかし飲み過ぎてしまうとさまざまな害があります。

 

今回は血便の症状が出た場合についてお話していきましょう。

 

 

基本的にお酒が原因となって起こる可能性は低いと考えることが出来ます。
二日酔いとなって吐き気や頭痛などの症状が起こることは多いですが便に血が混じるというのはよくあることではありません。

 

まず落ち着いて何を食べたか確認してみましょう。
便の色と食べたものを照らし合わせて似ている色の場合には食べ物の色の可能性もあります。
血便というのは赤色だけではなく黒っぽかったり緑色のようなときもあります。

 

まずは食べたものと便の色を照らし合わせてみましょう。
考えられる原因がない場合には便の色を確認して病院へ行きましょう。
明らかにおかしい症状になりますので注意が必要です。

スポンサーリンク

便の色が真っ赤(鮮血)の場合には出口に近い場所で出血しています。
黒っぽくなっている場合には出口から遠い胃などから出血していると考えることが出来ます。
出口から遠い場所で出血した場合には胃腸の中で吸収されて黒に近い色で出てくることになります。

 

一番の対処方法は病院へ行くことになります。
重大な病気が隠れているかもしれません。

 

では血便が出る病気についてもお話していきましょう。

 

大腸がん、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、大腸炎、大腸ポリープなどが挙げられます。
また痔などの可能性もあります。
これらの病気は放置してしまうと致命傷になる可能性もありますので注意しましょう。
早めに病院へ行くことが大切です。

 

応急処置方法としては同時に下痢の症状が出ていることが多いですので水分補給を行いましょう。
下痢によって多くの水分は失われてしまいます。
飲み過ぎてしまった場合に血便が出る原因というのは胃などに慢性的に負担がかかり胃潰瘍などになっている可能性もあります。

 

お酒を美味しく飲むためにもしっかりと病院で検査してもらい、美味しく飲みましょう。
飲み過ぎには注意が必要になります。

スポンサーリンク

二日酔いおすすめサプリメントランキング