二日酔い 遅れてくる 対処 方法

二日酔いが遅れてくる理由と対処方法/原因を知り適切な処置をしよう

スポンサーリンク

二日酔いはアルコールの悪影響によって次の日にさまざまな症状に見舞われます。
頭痛や吐き気などの症状が起こりますので歩く元気もなく、気分が沈んだ朝を迎えた経験のある人は多いと思います。
頭痛や吐き気の他にも寒気、倦怠感、震え、不安感、肩こり、筋肉痛、睡眠不足などさまざまな症状が起こります。

 

遅れてくる理由はどのようなことが考えられるのでしょうか??

 

 

またその対処方法についてもお話していきましょう。
適度にお酒を楽しむ分にはメリットはあります。
食欲が増したり、ドーパミンが分泌され楽しくなったり、ストレス発散にもなります。

 

しかし脂肪肝、肝炎、肝硬変などのリスクが上がりますので飲み過ぎには注意が必要です。
二日酔いというのは次の日に来ることがほとんどですが、原因が関係しています。

 

アルコールが原因で起きていますが根本的な原因というのはアセトアルデヒド、脱水症状、低血糖症の3つが原因で起こります。
この3つについて説明していきましょう。

スポンサーリンク

「アセトアルデヒド」
肝臓でアルコールを分解する際に作られる物質です。
アルコールの副作用と考えてもいいかもしれません。
身体には有毒な物質になり、血液とともに体の中を巡ることによってさまざまな症状を起こします。

 

「脱水症状」
アルコールには利尿作用がありますのでアルコールだけを飲んでいると脱水症状になりやすいです。
チェイサーなどの水をお酒とともに飲むというのは脱水症状を防ぐことにもなります。

 

「低血糖症」
肝臓がアルコールを分解する際には糖分を使用しますので脳などに糖分が行き渡らなくなり低血糖症になります。
こちらもさまざまな症状を引き起こします。

 

このように3つのことが原因となっています。
特にアセトアルデヒドの影響が強いですのでアルコールの分解が進んでくる数時間後に遅れてくることになります。
その対処方法は飲んでいる最中に水分補給も同時に行っていく、飲む前に軽く食事をしておくことなどが挙げられます。

 

空腹の状態でお酒を飲んでしまうとアルコールの吸収が早くなってしまいます。
また度数の高いものを大量に飲んでしまうと分解するのに数十時間かかってしまうことになります。

 

やはりゆっくりと適度に飲むことが重要です。
炭酸で割ったものなども酔いを進める原因のひとつとなりますので注意しましょう。
遅れてくるのはアルコールを分解する時間があるためです。

スポンサーリンク

二日酔いおすすめサプリメントランキング