二日酔い 解消 時間 計算 方法

二日酔いの解消時間はどのくらい?/飲んだ量で分かる計算方法

スポンサーリンク

二日酔いというのは辛い症状ですので早く治したいですよね。
アルコールを飲むと身体にはさまざまな影響があります。
ストレス発散の効果もありますが良いことばかりではありません。

 

今回は解消時間についてお話していきましょう。

 

 

身体の中からアルコールを分解する計算式はこちらになります。

 

1、自分の体重(kg)×0.1=1時間に分解できる量(g)
2、飲んだアルコールの量×飲んだアルコール度数÷100×0.8=純アルコール量

 

2÷1で飲んだ量に対しての時間が計算できます。

 

およそ60kgの体重の人が中ジョッキ500lmを飲んだとするとおよそ3時間ほどの分解されるまでかかります。
アルコールが抜けるまでの時間というのは体重1kgに対して1時間で6gの純アルコールを処理することが出来ます。

 

このことから体重の多い人ほどアルコールを処理する能力が高いとわかります。
しかし日本人の場合にはアセトアルデヒド脱水素酵素を持っている人が少ないと言われています。

スポンサーリンク

そのため遺伝などの関係である程度の処理能力の差は個人差があります。
なぜ体重が多いと早く処理できるかというと多ければ多いほどアルコールが溶ける血液の量が多いためと考えられています。
肝臓の大きさによっても異なります。

 

解消を早める方法についてもお話していきましょう。
アルコールの分解を促進する、アセトアルデヒドを分解を促進することによって二日酔いを早く治すことが出来ます。

 

「水分補給」
水分を補給することによって血液中のアルコール濃度を薄めるだけなく脱水症状の緩和につながります。
お酒を飲んでいると脱水症状にもなりやすいのが特徴です。
まずは水分補給を行いましょう。

 

「シジミ汁」
二日酔いに効果があるのは有名です。
しじみに含まれているアミノ酸のなかでもアラニンとグルタミンという成分がアルコールの分解を促進します。
さらにメチオニンとタウリンが肝臓の働きを促進させます。

 

「柿」
ビタミンCを含んでおり、柿に含まれるカタラーゼという酵素がアセトアルデヒドの分解を促進させます。

 

このような食べ物を摂取することによって解消時間を短くすることも出来ます。
食欲がない場合には水分補給をするだけでも早める効果が期待できます。

スポンサーリンク

二日酔いおすすめサプリメントランキング