二日酔い 悪寒 下痢 原因

二日酔いでの悪寒や下痢は要注意/その症状の原因とは?

スポンサーリンク

飲み過ぎてしまった次の日には二日酔いになってしまいますよね!
その症状はさまざまですが代表的なものは頭痛、吐き気、寒気、胃もたれや胸焼けなどの症状が現れます。
これは読んで字のごとく二日目に影響が現れる状態です。
それにはアセトアルデヒドというアルコールを分解する際に肝臓から発生する物質が影響しています。
アセトアルデヒドというのは身体にとっては毒になり、頭痛や吐き気などの症状を起こすと考えられています。

 

【では悪寒や下痢という症状が出るのでしょうか。】

 

 

悪寒というのは寒気によってブルブルと震える状況です。
これはアルコールには血管を拡張する作用がありますので、その作用によって熱を身体の外へと放出させます。
そのため寒いと感じてしまうため悪寒を感じることになります。

 

これは急性アルコール中毒にも見られる症状です。
寒気を感じて震えなどの症状とともに意識が混濁している場合にはすぐに病院へ行きましょう。
停滞温床となっている可能性がありますので致命傷となってしまう場合もあります。

スポンサーリンク

下痢が起こる原因というのは消化不良を起こしているということです。
アルコールを分解するのは肝臓ですが、飲み過ぎなどによって分解に忙しくなってしまい胆汁を作るのが間に合わなくなってしまいます。
胆汁というのは脂質の分解を促す働きを持っていますので脂質を分解できなくなるため、消化器官が低下してしまい消化不良を起こします。

 

他にもアルコールが食道や胃などの消化器官を通過する際に胃粘膜を直接刺激してしまいます。
その場合にも吐き気や嘔吐、下痢などの症状が現れる場合があります。

 

特に注意すべきは悪寒です。
二日酔いで寒気がある場合には意識が混濁するような状況になっているとは考えにくいですが注意してください。
発熱をしているという可能性もあり、風邪やインフルエンザなどの病気が隠れている可能性もありますので症状が緩和されない、悪化している場合には早めに病院を受診するようにしましょう。

スポンサーリンク

二日酔いおすすめサプリメントランキング