二日酔い 動悸 震え 対処

二日酔いで動機と震えの対処方法〜水分補給〜

スポンサーリンク

お酒を飲み過ぎてしまうと次の日は辛い症状に見舞われます。
それが二日酔いです。
楽しい飲み会などはストレス発散になり身体によいこともありますが、体にとっては悪影響を及ぼしてしまうこともあります。

 

動悸や震えなどの症状が出た場合の対処方法についてお話していきましょう。

 

 

お酒を飲んだ後に心臓が早くなっていると感じる人は多いと思います。
二日酔いも同じで、動悸がする場合があります。
これはアセトアルデヒドが悪影響を及ぼすことによって起こります。

 

肝臓がアルコールを分解する過程で生じるのがアセトアルデヒドです。
これは身体とっては有害なものになりますので体内に巡ってしまうことによって二日酔いの原因となります。
これは動悸や呼吸を早くする作用があると言われています。

 

また低血糖症になっている場合にも同じことが言えます。
二日酔いの主な原因としてアセトアルデヒドのほかに低血糖症になっていることがあります。
低血糖症というのは肝臓がアルコールを分解するには糖分を使用します。

スポンサーリンク

糖分が肝臓に多く取られてしまうと脳や身体に糖分がいきわたらなくなってしまいます。
そのため動悸、震えなどの症状が起こります。
飲んでいる最中にも震えの症状が起こることがあり、血管が拡張し体温が上昇することによって悪寒を感じます。
考えられる原因はこの2つです。

 

その対処方法について解説していきましょう。

 

まずアセトアルデヒドを薄めるために水分補給を行いましょう。
水分を取ることによってアセトアルデヒドのの濃度を薄める効果を期待できます。

 

また二日酔い自体が脱水症状で起きている可能性もありますので水分補給は適切です。
スポーツドリンクやフレッシュジュースなどで水分補給を行いましょう。

 

肝臓の機能を正常化させるためにもしじみやあさりの味噌汁などもオススメです。
オルニチンやタウリンなどの成分が症状を緩和させる効果があります。
このような対処方法を試してみてください。

 

基本的にはアルコール、アセトアルデヒドが身体からなくなれば自然に症状は治まっていきます。
それでも治らない場合には病院へ行きましょう。

スポンサーリンク

二日酔いおすすめサプリメントランキング