二日酔い 不安 原因

二日酔いで不安感が出る原因〜考えられるのは2つ〜

スポンサーリンク

お酒を楽しく飲むということはストレスの発散や娯楽として心の栄養剤として飲んでいる人もいるのではないでしょうか。
楽しく飲むお酒は美味しいですよね!
しかし飲み過ぎてしまうと何らかの弊害が起こる場合もあります。
特に二日酔いがひどくなってしまいます。

 

その際に不安感が起こることがあります。
なぜ不安になってしまうのでしょうか?

 

 

今回はそこについてお話していきましょう。
飲んでいる最中は楽しい気持ちをコントロールしているドーパミン、ストレスなどを抑制するセロトニンという物質が出ています。
この二つの物質が生成されることによって楽しい気持ちになります。
ストレスから解放され心が落ち着き、ポジティブな気持ちにもなります。

 

しかしこの物質は一気に分泌されると足りなくなってしまいます
そのため次の日に不安感が出てしまうことになります。

 

もうひとつ不眠が原因になっていることもあります。
アセトアルデヒドが悪影響を及ぼしていると考えられます。

スポンサーリンク

アセトアルデヒドというのは肝臓がアルコールを分解する過程で生成されるもので身体には有毒なものになります。
このアセトアルデヒドは自律神経を刺激し交感神経を活発にします。
そのため睡眠時間が短くなってしまうことがあります。
この場合にはアルコールが残っていたり、疲れが取れていない場合があります。
このことから気持ちが沈んで不安になってしまいます。

 

二日酔いだけでなく、このような悪影響を及ぼします。
また脱水症状や低血糖症も二日酔いの原因となっています。
特に飲んでいる最中は理性や思考、感情の抑制から解放された状態になりますので、反動として起こっていると考えられます。

 

不安感にかられるとネガティブになってしまい気持ちが沈んでしまいますので気持ちを切り替えるのが難しい状態になってしまいます。
この状態にならないためには飲みすぎないということです。
お酒の量を減らし、度数の引くものを飲むことを心がけましょう。

スポンサーリンク

二日酔いおすすめサプリメントランキング