二日酔い 息苦しい 原因

二日酔いで息苦しい原因、考えられるのは2つ

スポンサーリンク

お酒を飲む機会というのはさまざまな状況であります。
友人、会社の仲間、結婚式など楽しい席ではついつい飲み過ぎてしまうということもありますよね!
そんなときに次の日にやってくるのが二日酔いです。

 

息苦しい症状というのはどのような原因が考えられるのでしょうか??

 

 

これには二日酔いの原因が関係してきます。
これはアセトアルデヒド、脱水症状、低血糖症の3つが考えられます。

 

まず息苦しい症状というのは取り込める空気の量が少ない状態です。
これは呼吸が浅くなったり、口呼吸になっていることと起こりことが多く、さらに息苦しい状況で深呼吸をすると過呼吸になってしまうことがあります。
アルコールの副作用についてお話していきましょう。

 

「アセトアルデヒド」
多くの場合にはこちらです。
肝臓がアルコールを分解する過程で生成される物質で身体には毒となります。
これが血液と一緒に身体に回ってしまうことによってさまざまな悪影響を及ぼしてしまいます。

スポンサーリンク

これが自律神経を刺激することによって起こると言われています。
息が苦しいだけでなく、動悸などの症状が起こる場合もあります。
アセトアルデヒドが悪影響を与えているだけなら飲み過ぎないように気を付ければ防ぐことはできます。

 

しかしゼーゼーといった呼吸になってしまった場合には注意が必要です。
この場合にはアルコールがきっかけとなってアルコール誘発喘息という病気の可能性もあります。
これはヒスタミンというアレルギーや喘息を起こす物質によって起こります。
この病気の場合に無理に飲んでしまうと危険となりますので避けましょう。

 

他には脱水症状や低血糖症になっている可能性もあります。
その場合にも息苦しい症状が起こる場合もありますので注意しましょう。
二日酔い以外の場合には高血圧、過呼吸、花粉症、肩こりなどでも出る場合もあります。

 

おかしいと感じる場合には早めに病院へ行きましょう。
やはり飲み過ぎないようにすることが大切です。

スポンサーリンク

二日酔いおすすめサプリメントランキング