二日酔い 吐き気 時間差

二日酔いが時間差で来る理由〜吐き気が遅い〜

スポンサーリンク

二日酔いというのはお酒を飲んだ次の日に来る症状です。
頭痛や吐き気などの症状を伴います。
これはアルコールを分解するときに生成されるアセトアルデヒドが原因となって起こります。

 

アルコールは肝臓で分解します。その際にアルコールを分解したときにアセトアルデヒドという身体には毒となるものが作られます。
それが身体に回ることによって二日酔いが起こります。

 

なぜ時間差で起こることがあるのでしょうか??

 

 

人によってはお酒を飲むとすぐ気持ち悪くなったり、頭痛などの症状が出てしまう人がいます。
しかし次の日の夕方になってから症状が起こる場合もあります。
これはアセトアルデヒド脱水素酵素を持っていない人がいたり、少ない人が起こると考えられます。
特にすぐに吐き気がやってくるという人はこの可能性が高いです。

 

日本人の場合には持っている人が少ないと言われています。
そのためお酒が弱い人が多いのです。
はるか昔突然変異的に失ってしまったと言われています。

スポンサーリンク

もう一つの考えられる原因は強い度数のアルコールを飲んだ場合にも起こる可能性があります。
昼過ぎ、夕方から二日酔いが来るというのはこちらのほうが考えられるかもしれません。
ここでは缶チューハイに例えてみましょう。

 

缶は350mlです。これを一本飲むと70kgの成人男性がアルコールの分解にかかる時間は3時間と言われています。
一本で3時間ですので2本だと6時間、3本だと9時間、4本飲むと12時間かかってしまう計算になります。
成人男性70kgの人が分解する時間は1kgに対してアルコール0,1gを一時間で分解すると言われています。

 

個人差がありますので一概に正しいわけではありませんがおよそこの程度の時間かかります。
度数の高いものを大量に飲んでしまった場合にはさらに時間が伸びると考えられます。
これらのことが原因で時間差で二日酔いがやってくるということになります。

 

肝臓が弱っている場合にもアルコールの分解が遅くなって次の日の夕方まで分解がかかってしまうこともあります。
このように吐き気などの症状が遅くなる場合があります。
飲み過ぎには注意しましょう。

スポンサーリンク

二日酔いおすすめサプリメントランキング