二日酔い 頭痛 冷やす 緩和 効果

二日酔いで頭痛が出た時は冷やすことで緩和する/血管収縮させる効果

スポンサーリンク

二日酔いというのはお酒を飲む人にとっては予防したり早く治したい症状だと思います。
気持ち悪かったりして体調がすぐれないというのは辛いものですよね!

 

今回は二日酔いの頭痛にスポットを当ててお話していきましょう。

 

 

これはアルコールによって血管が拡張されることによって起こります。
偏頭痛などと同じような症状で心臓が脈を打つたびに頭が痛いという症状になります。

 

血管を収縮させることで症状は緩和されますので首筋の血管を冷やすということは血管収縮が促されますのでオススメです。
またこれにはカフェインも効果が期待できます。

 

カフェインが含まれているコーヒーやお茶などを飲むことによって血管収縮を促せます。
ただし、カフェインには利尿作用があり二日酔いで脱水症状となっている場合もありますので注意しましょう。
血管の拡張のほかにも脱水症状が原因となっている場合もあります。
脳の骨液が減少してしまい、脳が静脈などから刺激を受けるために痛みが生じます。

スポンサーリンク

アルコールは肝臓によって分解されます。
その際にアセトアルデヒドと呼ばれる物質が生成されます。
これには身体に悪い影響を及ぼしますので頭痛や吐き気などの症状を引き起こすと考えられています。

 

頭痛が出ている場合には首筋を冷やすということは有効な治療方法です。
しかし氷などを直接肌につけてしまうと凍傷などになる可能性がありますので注意しましょう。
二日酔いを治すにはその原因を断たなくてはなりません。
その原因は上記のいづれかになる場合がほとんどですので、それを解消することによって症状が緩和します。

 

脱水症状であれば水分を摂る、アセトアルデヒドであれば身体の外へ出すなどのように対応すれば二日酔いは緩和します。
スポーツドリンクやビタミン豊富なフレッシュジュースなどを摂取することによって脱水の状態は緩和されます。

 

アセトアルデヒドを外へ出したい場合には肝臓の動きを促進することが重要になります。
このように二日酔いの頭痛にはさまざまなことが考えられますので首を冷やしたりするなどの対応することで症状は緩和されます。

スポンサーリンク

二日酔いおすすめサプリメントランキング