二日酔い 息苦しい 症状

二日酔いの動悸や息苦しいなどの症状は危険サイン!?

スポンサーリンク

楽しい宴会の席ではお酒が進んでしまい飲み過ぎてしまうこともあるかと思います。
その次の日…二日酔いの吐き気や頭痛、胃痛、嘔吐などの症状が起こってしまっている場合があります。
動悸や息切れなどの症状が出る場合もありますので今回はそれについて考えていきましょう。

 

 

二日酔いとは脱水症状、低血糖症、アセトアルデヒド、この3つのどれかによって引き起こされています。
症状がひどい場合にはどれか二つ、もしくは全部当てはまっていると考えていいでしょう。

 

この状態について説明していきましょう。

 

脱水症状はアルコールは利尿作用が含まれていますので水分が外に排出されますので飲んでいる最中でも脱水になる可能性はあります。
低血糖症とは飲み過ぎてしまうことにより肝臓はアルコールの分解に忙しくなってしまい他の機能であるエネルギーを供給する機能が低下します。
それには糖分も含まれているため、低血糖症になってしまう場合があります。
そのアルコールの分解の際に出る物質がアセトアルデヒドです。

スポンサーリンク

これには毒素があり吐き気や頭痛などの症状を引き起こすと言われています。
この3つの原因の症状として動悸が出る場合もありますので、その際に息苦しい症状が出ると考えられます。

 

アセトアルデヒドでも動悸や呼吸を早くさせる作用があると言われています。

 

このような場合には不整脈が出てしまっているかもしれません。
お酒が原因である不整脈は心房細動と呼ばれるものです。
これもアセトアルデヒドが影響をしており、これは心臓にも悪影響をあたえると考えられていますので動悸などの症状が出ることがあります。

 

このような症状が出るのは多くの人に現れています。
やはりお酒の飲み過ぎには注意しましょう。
また、息苦しい、動悸がひどいなどの場合には他の病気の可能性もあります。
呼吸器系の疾患はこのような症状が出る場合がありますので注意してください。
気管支炎や肺気腫、肺気胸などさまざまなことも考えられますのでおかしいと感じた場合には病院へ行きましょう。

スポンサーリンク

二日酔いおすすめサプリメントランキング