二日酔い 吐く 胃液 原因 対処

二日酔いで胃液まで吐く原因はアセトアルデヒド/対処方法を紹介

スポンサーリンク

飲み会や宴会の次の日、吐き気や頭痛に見舞われることは多いですよね。
その辛い症状はどのようなことが考えられるのでしょうか??
まずはその原因について考えていきましょう。

 

 

これには胃酸過多とアセトアルデヒドが関係していると言えます。
胃散過多というのはアルコールには胃酸を分泌させる作用がありますので胃酸が多く分泌されます。
そのため胃酸というのは胃を溶かしてしまうほどの強さを持っていますので胃が傷つけられています。

 

胃散が多くなるというのは胃もたれや胸焼け、ゲップ、吐き気、嘔吐などの症状を伴うこともあります。
またアルコールというのは分子が小さいため胃粘膜をすり抜けてしまい胃自体を刺激してしまうため胃酸が多く分泌され胃酸過多の状態となります。

 

アセトアルデヒドはというのは肝臓がアルコールを分解する際に発生する物質で身体にさまざまな悪影響が出ることがあります。
少量であればいいのですが飲み過ぎてしまった場合には肝臓には負担がかかります。

スポンサーリンク

肝臓は身体にエネルギーを送る器官ですので分解に手いっぱいの状況となり他に手が回らなくなります。
分解にも時間がかかるため二日酔いの症状の緩和するのに時間がかかるということです。
胃液というのは上記のような関係性がありますが、胃液を吐くことによって食道が傷ついてしまうことも考えられます。

 

吐くというのはもともと身体の中の不必要なものを吐き出そうとする働きです。
このような状態というのは食中毒や胃潰瘍などの胃の病気によって引き起こされることもあります。
あまりにもひどい場合には他の病気が隠れている場合もありますので注意が必要です。

 

【対処方法】
胃液しか出ない状態まで嘔吐した場合にはかなりの量の水分が失われていますので脱水症状に注意しなければなりません。
水分補給はしっかりと行いましょう。
アルコールによって脱水症状となっている可能性もありますので水分を補給することはとても重要です。

 

【まとめ】

・胃酸が多くなり、さらにアセトアルデヒドの悪影響によって吐き気、嘔吐が促されているため起こっている
・胃液を出し尽くすまで吐く場合は水分補給で脱水症状予防する

 

二日酔いが治らないような場合には病院を受診することも必要かもしれませんね。
お酒は適度に楽しむ分には血行促進などの効果があり百薬の長となるかもしれませんが万病の元とも言われているとおり毒になることもあります。
飲み過ぎは身体によくありませんので十分注意して飲むようにしましょう。

スポンサーリンク

二日酔いおすすめサプリメントランキング