二日酔い 吐き気 ゲップ

二日酔いで吐き気やげっぷの原因とは!?その対処方法とは??

スポンサーリンク

楽しい飲み会ではついつい飲み過ぎてしまうこともあると思います。
しかし次の日…頭痛や吐き気などのツライ症状が現れて公開してしまうということもしばしば…。

 

このような症状が現れてしまう原因はどのようなものがあるのか、どのような対処法があるのかをお話していきましょう。
今回は吐き気やげっぷに焦点を当てていきます。

 

 

このような症状が出ている場合には胃酸過多が原因となっていることが多いです。
アルコールによって胃酸が多く分泌されますのでこのような状態となります。
胃散過多になる原因にはストレスや喫煙、早食いなどが考えられています。

 

その症状は胃痛、胃もたれ、胸焼け、吐き気、酸っぱいげっぷなどが挙げられます。
食べ物でもその症状がでることがあり、揚げ物などは胃に長くとどまってしまうので胃酸過多になりやすいと言われています。
このように飲み会では揚げ物を食べる場合もありますし、飲み過ぎ食べ過ぎということになってしまいがちですので胃酸が多く分泌されることが多くあります。

スポンサーリンク

胃散とともにアルコールの影響になるものがもう一つあり、アセトアルデヒドという物質が肝臓でアルコールを分解する際に作られます。
これには身体にとっては毒となりますので吐き気や頭痛などの症状を引き起こす場合があります。

 

【オススメ対処方法】

 

「水分」を補給しましょう。
アルコールには利尿作用があり、脱水症状となっている場合がありますので水分補給は大切です。

 

「薬」を服用しましょう。
胃散過多である場合には胃酸を抑える薬もあります。
自分に適した薬を飲むようにしましょう。
薬剤師に相談することもオススメですが、他の病気が原因となる場合には危険になる場合もありますので注意してください。

 

「生姜、シジミ」などを食べましょう。
これらの食材は二日酔いに効果があるとも言われていますので積極的に食べましょう。

 

このように対策を立てれば症状が軽くなることもありますので試してみてください。

スポンサーリンク

二日酔いおすすめサプリメントランキング