二日酔いにならない 寝方 寝る体勢

二日酔いにならない寝方!オススメの寝る体勢とは!?

スポンサーリンク

飲み過ぎてしまった次の日は頭痛や吐き気、胃もたれなどの症状に見舞われますので辛い状況になりますよね。
その際に二日酔いにならない有効な寝る前の対策、寝方などを紹介していきましょう。

 

 

まずは原因からお話していきます。
二日酔いの症状は飲んだ後8時間後〜14時間後に現れるものです。
飲んだ2時間後〜3時間後に現れるのは悪酔いと言われています。
このような場合は吐き気がある場合には吐いてしまった方が楽になることがあります。

 

またアルコールを飲んでいるということは脱水症状になる可能性があります。
アルコールには利尿作用がありますので飲んでいる最中でも脱水症状になることはあります。
その場合には水分を摂るようにしましょう。

 

水でも良いですがスポーツドリンクなどもオススメです。
就寝前に水分補給をしたら寝ましょう。

 

お風呂に入っても大丈夫ですが熱い湯船に入ることは危険となる場合があります。
上記のように脱水症状となっている場合には汗をかくことでさらに水分が失われてしまいます。

スポンサーリンク

飲み過ぎて酔っている場合には判断が出来ないことがあるかと思いますが頭に入れておきましょう。

 

では寝方についてもお話していきましょう。

 

吐き気があるような場合は仰向けで寝ることはお勧めできません。
吐しゃ物が喉に詰まってしまい窒息してしまうこともありますので注意してください。
オススメの寝る姿勢は「右側を下にして寝る」ことです。

 

この寝方は胃もたれを起こしている場合にも有効で、胃の中の出口を下にして横になることによって消化を促します。
また食べ物が逆流してくれるのを防いでくれますので右を向いて右側を下にして寝ましょう。
この寝る体勢は胃もたれ全般に言えることですので覚えていても損はありませんので覚えておきましょう。

 

二日酔いの対策には水分補給が一番と言われています。
寝る前にも水分補給をしてから寝るようにしましょう。

 

それでも辛いようであれば薬を服用してもいいかもしれません。
ヘパリーゼなどは効果が期待できますがアルコールが残っている場合には薬によっては危険となる場合もありますので注意しましょう。

スポンサーリンク

二日酔いおすすめサプリメントランキング