二日酔い 頭痛 パブロン

二日酔いの頭痛などの症状にパブロンは効果がある??

スポンサーリンク

友人との楽しい飲み会や仕事先で上司との飲み会などさまざまな席でお酒を飲む機会はあります。
忘年会、新年会、バーベキューなどどれも楽しいですよね!!
楽しいとついつい飲み過ぎてしまうということもあります…。

 

そのため次の日には二日酔いとなって症状が現れます。
その症状というのは頭痛や吐き気、身体のだるさ、胃の痛み、胃もたれなど人によって異なりますがさまざまな症状に見舞われます。

 

【風邪のくすりであるパブロンは効果があるのでしょうか??】

 

 

パブロンというのは風邪に効く薬で喉の痛みや咳、鼻水、たん、発熱、関節痛、頭痛などさまざまな症状の緩和に効果があります。
二日酔いの症状である頭痛にも効果が期待できると言えます。
ただしその症状の根本的な原因の解決には至っていませんので注意が必要です。

 

その原因についてもお話していきましょう。
主な原因はアルコールによる「脱水症状」「低血糖症」、アルコールを分解する際に生成される「アセトアルデヒド」が影響をしています。

スポンサーリンク

アルコールには利尿作用がありますので身体からどんどん水分が排出されます。
それによって脱水症状となっている場合があります。

 

アルコールを分解するのは肝臓ですが、肝臓がアルコールを分解するのが忙しくなってしまいその他の働きを低下させてしまいます。
肝臓は糖分を脳に供給する機能もありますので糖分が不足してしまい低血糖症となってしまっている場合もあります。

 

その分解の際に生成されるのがアセトアルデヒドで、一番の原因はアセトアルデヒドと考えられています。

 

これらが原因で起こっている症状をパブロンで治るのかと言われると治るとは考えにくいです。
ただし人によっては効果があると服用している人もいます。

 

薬には副作用もありますので服用する場合には用法用量を守って使用するようにしてください。
アルコールが残っている場合に服用することは危険となる場合がありますのでよく読んでから服用してください。

 

二日酔いにはまずは水分補給が一番です。水分補給をして糖分を肝臓へ送りましょう。
その際にはフレッシュジュースなどもオススメです。

スポンサーリンク

二日酔いおすすめサプリメントランキング