二日酔い ひどい 病院 何科 受診

ひどい二日酔いで病院は何科を受診すればいい?内科でOKです

スポンサーリンク

前日の楽しかった飲み会とはうって変わって次の日は辛い二日酔いの症状に見舞われます。
その症状は頭痛や吐き気、身体のだるさなどで体調もよくありません。
これらの原因はアルコールを分解する過程で生成されるアセトアルデヒドという物質が大きく影響していると言われています。

 

アルコールを分解するのは肝臓ですが飲み過ぎてしまうことによって肝臓の機能も低下しますので低血糖症となってしまっている場合もあります。
これは肝臓は元々身体に糖分などのエネルギーを供給しています。
アルコールを分解することに手一杯となってしまい本来の機能が低下してしまうことになります。

 

アルコールには利尿作用があり、脱水症状となってしまっている可能性もありますので、その場合には頭痛や吐き気などの症状が出ます。
大きく分けるとこれら3つ「アセトアルデヒド」「脱水症状」「低血糖症」の3つの要素が身体に悪影響を及ぼしていると考えられます。
これらの症状がひどい場合には病院へ行ってしまってもいいかもしれません。

スポンサーリンク

【病院は何科に行けばいいのでしょうか??】
ひどい状態になってしまうと何も手に付かなくなってしまいますので受診するというのも一つの手になります。
この場合は「内科」が良いでしょう。

 

上述したように肝臓が大きな役割をしていますし、胃などの消化器系も悪影響を受けているかもしれませんので「消化器内科」というのがベストな選択肢かもしれません。
多くの場合、治療は点滴によって行います。
ブドウ糖や水分などを直接身体に送ることによって症状を改善させます。

 

個人差はありますが即効性があると言われていますので症状がひどい場合には点滴を受けに行ってみましょう。
また何科と迷った場合には総合病院もオススメです。

 

この場合は二日酔いですが症状が悪化してしまっている、もしくは他の病気が隠れているなんてことがあった場合には他の科の回してもらえますし、直接何科に行けばいいのかと尋ねることも出来ますのでいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

二日酔いおすすめサプリメントランキング