二日酔い 吐く 楽 理由

二日酔いで吐くと楽になる理由とは?危険となる場合もあるので要注意

スポンサーリンク

二日酔いになると頭痛や吐き気などの症状に見舞われますので前日何故飲んでしまったのかと自問自答することさえもあります。
せっかくの休みがそれらの症状が緩和せずに終わってしまうこともありますよね。
その症状は大変つらいものですので早く楽になりたいと思う人も多いのではないのでしょうか。

 

そして吐き気がある場合には吐くと楽になるということもあります。
しかしそれには危険となる理由もありますのでお話していきましょう。

 

 

吐き気がある場合にひどい場合には意図せず嘔吐してしまうこともありますが、軽い吐き気の状態で吐くことも出来ます。
喉に指を入れて嘔吐を促すなども可能ですが繰り返し嘔吐してしまうのには危険があります。
嘔吐を繰り返すことによって胃の中が裂けてしまう場合があります。

 

これはマロリーワイス症候群と言いますが吐血も伴います。
嘔吐というのはお腹の辺りに強い力が加わっています。
その強い力が繰り返し加わってしまうと食道の出口から胃の入り口あたりにかけて避けてしまうことがあります。

スポンサーリンク

これは症状が軽いければ自然治癒するとも言われていますが症状がひどい場合には内視鏡などによって止血しなければいけない場合もありますので注意が必要です。

 

これらをふまえて吐くことによって症状が緩和する場合もありますので吐き方についてもお話しておきましょう。

 

上述しましたが喉に指を入れて嘔吐を促すのは危険となる場合があります。
この場合にはスプーンなどを使用しましょう。
スプーンの裏の丸い部分を喉に押し当てるようにして刺激をすることによって促せます。
ただし無理やり押し込むことは危険となりますのでやめてください。

 

食塩水を飲むことも有効です。
500mlの水に小さじ3杯程度の塩を溶かして食塩水を作ってみましょう。
これを飲むことによって嘔吐を促します。

 

マスタードを薄めて飲むことも有効とされてます。
あえてまずいものを飲むことによって吐き気を促すというものですがあまりオススメはしません。

 

確かに吐くと楽になりますが、無理やり促すのは危険となる場合もありますので注意して行うようにしましょう。

スポンサーリンク

二日酔いおすすめサプリメントランキング