二日酔い 頭痛 続く 原因 対処

二日酔いで頭痛が続く原因/次の日、さらに3日目も起こった時の対処方法

スポンサーリンク

二日酔いになってしまうと身体不調になってしまいますよね。
前日なんで飲んでしまったのかと後悔することもしばしば…。
吐き気、だるさなどの症状に見舞われますので大変ツライ症状です。

 

頭痛が続く場合にはどのようなことが考えられるのでしょうか。

 

 

その原因と対処方法についてお話していきましょう。
その原因には3つのことが考えられます。
脱水症状、低血糖症、アセトアルデヒドによる3つのことが原因となっている場合が多いです。

 

脱水症状の場合はアルコールには利尿作用がありますので水分が外へ排出してしまうことによって起こります。

 

低血糖症は肝臓に糖分が不足するために起こります。
アルコールを分解するのは肝臓です。
その肝臓がアルコールの分解に手いっぱいとなって他の機能が低下してしまいます。
その状態になってしまうと脳に糖分が不足してしまうために起こります。

 

このアルコールを分解する過程で肝臓から出される物質がアセトアルデヒドとなります。
多くの場合の二日酔いの原因はこのアセトアルデヒドと考えられています。

スポンサーリンク

アセトアルデヒドは身体にとっては毒になりますので飲み過ぎなどによってアセトアルデヒドの量が多くなってしまうと身体に毒素が回ってしまいますので、それらの症状となって現れます。
特にアルコールには血拡張作用もありますので頭の痛みが心臓のドキドキと合わせて起こっているような痛みが多いと言われています。

 

【その対処法を3つ紹介しましょう。】

 

1、 まずは水分補給を行いましょう。
上記のように脱水症状になっている場合は特にそうですし、アセトアルデヒドを体外に出すということでも有効です。
血中アルコール濃度が下がりますのでオススメです。

 

2、 首元を冷やしてみましょう。
首を直接冷やすことによって血管の収縮を促すことができます。
その際には直接氷などを当てると凍傷になる可能性もありますので注意してください。

 

3、 カフェインを摂取してみましょう。
コーヒーやお茶に含まれるカフェインには血管が収縮するという効果が期待できますので症状の緩和につながります。

 

このように頭痛が続く場合の対処方法を試してみてください。
それでも続く場合には病院へ行くことも必要になるかもしれません。

スポンサーリンク

二日酔いおすすめサプリメントランキング