二日酔い 吐き気 ガム 対策

二日酔いの辛い吐き気…ガムを噛むなどオススメの対策4選!

スポンサーリンク

二日酔いになると頭痛などの症状に見舞われ大変ツライ状況になります。
その際に早く症状が緩和すればいいのにと思うのはほとんどの人がそう思うのではないでしょうか。

 

今回は吐き気の対策をお話していきましょう。

 

 

それは胃の中の物を口から吐き出してしまいたいという感覚です。
これは脳の嘔吐中枢が刺激されることによって起こります。
アルコールのほかにも乗り物酔い、食べ過ぎ、風邪などの病気、ストレスなどさまざまな原因があります。

 

これらのことがきっかけとなり嘔吐中枢が刺激されることによって吐くということになります。
脳からの命令によって腸が逆の動きをします。
出口が狭まって食道側の入口が緩むことによって食べ物が口のほうへと戻っていきます。

 

【おすすめの対策4選】
1、横になるときには右側を下にして寝るようにしましょう。
上記のように食べ物が入口のほうへと戻ってきますので吐きだすものの消化を促進させれば緩和されることが期待できます。

スポンサーリンク

身体を左に向けて横になることによって胃の出口が下になりますので消化を促進させることが出来ます。

 

2、ミント味のガムを噛んでみましょう。
ミントの味や匂いというのは吐き気を抑える効果があると言われています。
コンビニでもお手軽に買えますのでオススメです。
ミントの匂いでも可能ですのでアロマなども効果を期待できるでしょう。
ただしガムを長時間噛んでいたり、味が強すぎる場合になどには症状が悪化する場合もありますので注意してください。

 

3、ツボを押してみましょう。
掌の内側のほぼ真ん中の少し下あたりに内関と呼ばれるツボがありますので試してみてください。
他にも関衝、公孫などがあります。

 

4、胃腸薬を飲みましょう。
あまりにも症状がひどい場合には胃腸薬で対応しましょう。
これにも色々と種類がありますので自分の症状にあったものを選ぶことが大切です。
薬剤師に相談し購入するようにして下さい。

 

対策は他にもさまざまな方法がありますので自分に合ったものを探してみましょう!!

スポンサーリンク

二日酔いおすすめサプリメントランキング