二日酔い 吐く 苦い

二日酔いで苦いものを吐いた!これって何??

スポンサーリンク

友人との楽しい飲み会の席では飲み過ぎてしまうこともありますよね!!
そんな次の日には辛い二日酔いの症状が待っていました…。
頭痛や嘔吐、吐き気などの症状が出てしまいます。

 

吐いて胃の中のものがどんどん出て行ってしまいますので徐々に空っぽになってしまいます。
さらに吐くのを繰り返していると黄色っぽい苦いものが出てくると思います。
それはどのようなものなのでしょうか?

 

 

吐き気や嘔吐の原因はアセトアルデヒドの影響によって起こっていると考えられます。
これはアルコールを分解する際に作られる物質で身体にとっては毒になります。
それが身体の中を回りますので二日酔いになります。

 

少量であれば短時間で分解されていくのですが飲み過ぎてしまった場合などには分解する時間が長くなり、その症状が出ている時間も長くなります。
吐いた際の黄色いものは「胆汁」です。
おそらく嘔吐した際には酸っぱい胃液が出ていると思いますが胃液は白っぽい色をしています。

スポンサーリンク

胆汁は酸っぱくありません、苦いと感じます。
胆汁というのは十二指腸の消化酵素の働きを助けるものです。
普段は胆のうで貯蓄され十二指腸に食べ物が入ってくると胆のうが平滑筋を収縮させることによって胆汁を押し出します。
胆汁というのは消化酵素ではありませんのであくまでも消化酵素を助ける働きをしているだけです。

 

吐き気が止まらずに嘔吐をしている場合は、まずは食べ物、次に胃液、そこでも嘔吐が止まらない場合には胆汁といった流れになります。
さらに止まらない場合には胃の中が裂けて出血してしまうこともありますので注意が必要です。
苦いものが出てきたら胆汁だと思ってもらえれば大丈夫です。

 

二日酔いの場合だけでなく乗り物酔い、つわりなどの場合にもこのようなことはありますので気を付けましょう。
胆汁を吐いているということは胃腸にも負担が大きくかかっています。
胃のむかむか、時には痛みを伴うこともありますし、嘔吐を繰り返しているということは脱水症状にもなりかねませんので水分補給も行いましょう。

スポンサーリンク

二日酔いおすすめサプリメントランキング