二日酔い 吐き気 プリンペラン 薬

二日酔いの辛い吐き気に「プリンぺラン」薬は効果がある??

スポンサーリンク

飲み過ぎてしまった次の日には二日酔いになることがあると思います。
その症状はとても辛いので早く治したいと思うことでしょう。
その症状は多くの場合は次の日の朝に出るもので飲んでから約8時間後〜14時間後に症状が出ると言われています。

 

これはアルコールを分解する過程で生成されるアセトアルデヒドという物質が悪影響を及ぼしています。
身体には強い毒素となっていますので分解しきれずに身体の中を巡ってしまいます。
時には脱水症状などとともに強い吐き気となって現れると思います。

 

その際にプリンぺランという薬には効果が期待できます。
これは吐き気を抑える制吐剤です。
この薬自体は1960年代から使用されており、非常に古いものですが今も使用されています。

 

中枢性嘔吐や末梢性嘔吐の両方に効果があり幅広い嘔吐に使用されます。
そのため吐き気のある二日酔いの場合には効果が期待できます。
しかし副作用はもちろんあります。
副作用が起きるということ自体は少ないですがどの薬でも副作用はあります。

スポンサーリンク

プリンペランは手足の震え、意識障害、高熱、けいれんなどの副作用が現れる場合があります。
嘔吐には非常に効果がありますが、注意するべき副作用もありますので必ず医師の指導の下で服用するようにしましょう。

 

二日酔いの場合はアセトアルデヒドが影響しているだけでなく脱水症状、低血糖症などの可能性もあります。
脱水症状であれば水分補給を行い、低血糖症であれば糖分を摂取することによって症状は徐々に緩和していきます。
そのため薬を服用するということはあまりオススメではありません。

 

頭痛が出ているのであればアルコールの影響によって血管が広がり、頭が痛くなっていますので首元を冷やすことで症状は緩和する場合もあります。

 

二日酔いの対処方法はまずは水分補給と言われていますので、まずは水分補給をすることをオススメします。

 

【まとめ】
プリンペランには吐き気を抑える効果が期待できます。
しかし吐き気、嘔吐がひどい場合には食中毒などの病気の可能性もありますのでおかしいと感じた場合には病院へ行くようにしましょう。

スポンサーリンク

二日酔いおすすめサプリメントランキング