二日酔い むかつき 解消

二日酔いの「胃のむかつき」オススメ解消方法/胃の調子を取り戻す

スポンサーリンク

飲み過ぎてしまった翌日には二日酔いの症状が現れます。
それは頭痛や吐き気などに見舞われるため、大変苦しい状態となります。
時には胃がもたれてむかむかすることもあり、その症状には悩まされます。

 

【二日酔いの胃もたれやむかつきを解消するにはどうすればいいのでしょうか。】

 

その原因とともにお話していきましょう。

 

アルコールというのは胃を刺激して胃酸の分泌量が多くなってしまいます。
胃酸というのは金属を溶かしてしまうと言われるほど酸性が強いため、胃酸によって胃自体を溶かしてしまうことも出来ますが通常は胃粘膜によって保護されています。
アルコールの刺激によって胃粘膜が弱っていると胃自体が刺激を受けます。

 

またアルコールの分子というのは小さいために胃粘膜を通過して胃自体に刺激を与えてしまうこともあります。
このようにして胃酸の分泌が促されてしまうと多く分泌されてしまいますので胃もたれや胃のむかつき、胸やけなどの症状が現れます。

スポンサーリンク

また飲み会などで食べ過ぎてしまった場合も同様で胃の中に食べ物が残ってしまった場合に一時的に胃の働きが低下することがありますので胃もたれする場合もあります。

 

【解消方法は?】

 

胃酸過多となっている場合には胃薬を飲んでしまうというのも一つの方法です。

 

胃の粘膜を修復させたり、胃酸を抑える薬を選ぶようにしましょう。

 

キャベツや大根などは胃にやさしく負担のかかった胃を修復してくれる効果も期待できますのでお勧めです。

 

ヨーグルトに含まれている乳酸菌には胃酸の量を調整してくれる効果があると言われていますので胃酸過多になっている状況にオススメです。

 

しかし食べ物が喉を通らないといったこともあるかと思いますのでその際には無理しないようにしましょう。
またアルコールによって脱水症状などによって頭痛や吐き気などの症状が出ている場合には水分補給も重要です。
その場合には水やスポーツドリンクなどを飲むようにしましょう。

 

二日酔いの解消方法は色々とありますので試してみてください。
胃のむかつきは不快な症状となりますので胃薬や胃の調子を戻す食べ物を食べましょう。

スポンサーリンク

二日酔いおすすめサプリメントランキング