二日酔い吐き気 頭痛 時間差

なぜ頭痛や吐き気などの二日酔いは時間差で来る!?その理由は肝臓にあった!

スポンサーリンク

お酒を飲んでいる最中は会話も弾んで楽しくて時を忘れて飲んでしまい、帰る途中や次の日朝起きたら気分がすぐれないというのは飲む人であればだれにでも経験があることだと思います。
かと思えば当日は酔いが冷めたと思っても次の日に二日酔いの症状が出たという人もいます。

 

このように人によって個人差はありますが時間差をおいて頭痛や吐き気などの症状が出るというのはどのようなことが考えられるのでしょうか。

 

これにはアセトアルデヒドという物質が関係していきます。
原因の大元は口から飲んだアルコールが影響をしていますが、それを分解する際に発生するのがアセトアルデヒドです。
アルコールを分解するのは肝臓です。

 

その過程でアセトアルデヒドという身体にとって毒になる物質が生成されます。
その過程はこのようなものです。

 

アルコール→アセトアルデヒド→酢酸→水、二酸化炭素→尿

 

このアセトアルデヒドが飲み過ぎることによって分解するのが間に合わずに身体の中を巡ってしまうため時間差で頭痛や吐き気などの症状が出てしまい二日酔いとなります。

スポンサーリンク

日本人はアセトアルデヒドを分解するためのアセトアルデヒド脱水素酵素の分泌が弱いと言われており、アセトアルデヒドを酢酸にするのが遅くなってしまいます。
そのため体内を巡回してしまうようになります。

 

またアルコールをアセトアルデヒドへと分解するのも時間がかかります。
ビールの500ml缶を一本飲んだとして、それを分解するのに約6時間程かかると言われています。

 

分解のメカニズムとはこのようになっていますので次の日に頭痛や吐き気などの症状が現れることになります。
つまり二日酔いの症状を緩和させたいときにはアセトアルデヒドを早く身体の外へと排出してしまえば、その症状は緩和されると考えられます。
アルコールを分解している肝臓の働きを促進させる方法や体内のアルコール血中濃度を薄めることによって排出が促されますので症状を緩和せることが出来ま

スポンサーリンク

二日酔いおすすめサプリメントランキング