二日酔い めまい ふらつき 原因 対処

二日酔いで「めまいとふらつき」その原因と対処方法について解説

スポンサーリンク

辛い二日酔いの症状…前日何故飲み過ぎてしまったのかと後悔してしまうこともありますよね!!
しかし断れないお酒の席などもあるでしょうから多少のことは仕方ないかもしれません…。
その症状を緩和する方法はあるのでしょうか。

 

今回は「めまい」と「ふらつき」についてお話していきましょう。

 

 

めまいが起こる原因は低血糖症になっていることが考えられます。
これはアルコールというのは肝臓で分解しますが少量であればすぐに分解できるのですが飲み過ぎた場合には分解に時間がかかってしまいます。
ビール瓶を一本飲んだ際に分解にかかる時間は約3時間と言われています。

 

飲み過ぎてしまうことによって肝臓がアルコールの分解で忙しくなってしまいエネルギーの供給という機能が低下してしまいます。
二日酔いの際にはグリコーゲンと呼ばれる糖が不足してしまうと言われています。
脳に糖分の供給が低下してしまいますので頭痛やめまいなどの症状が現れ、ふらつきが起こると考えられます。

スポンサーリンク

またアルコールを分解する際にアセトアルデヒドと言われる身体にとっては毒素な物質が生成されます。
アセトアルデヒドも原因になっています。
特に日本人は影響が強く出るもので、アセトアルデヒドが体内に残りやすくなっていますので次の日に頭痛や吐き気などの症状が出ます。

 

ふらつきの対策は症状が出ても慌てないことです。
急に立ち上がりめまいがすると転倒の恐れもありますので注意してください。
この場合には一度座り深呼吸などをして気持ちを落ち着かせてみましょう。

 

締め付けるような服を着ている場合には緩めましょう。
身体が締め付けられていると動きにくいなどのことが考えられますのでリラックスできるようにしましょう。

 

脱水症状になっている可能性もありますので水分補給を行うようにしてください。

 

また低血糖症となっている場合には果物などをとることによって糖分を身体に補充してください。
その場合にはフレッシュジュースなどもオススメで、同時に水分補給を行えますので一石二鳥です。

スポンサーリンク

二日酔いおすすめサプリメントランキング