二日酔い ご飯食べた方がいい 理由

二日酔いでご飯を食べたほうがいい理由/低血糖症なら糖分摂取

スポンサーリンク

飲み過ぎた翌日は二日酔いが起こります。
その症状はとても辛い症状になりますので出来る限りその症状は早く治したいと思うのが当たり前ですが、なかなかそうもいきません。

 

この際にご飯を食べたほうがいい理由というのはどのようなことが考えられるのでしょうか。
これには原因が深く関係していますので詳しくお話していきましょう。

 

 

原因は大まかに分けると3つ考えられます。
脱水症状、低血糖症、アセトアルデヒドの3つの要因によるところが大きいです。

 

特に低血糖症の場合はご飯を食べることは良いと考えられます。
それは糖分が減っているため、低血糖の状態になっていますので食べ物は有効です。

 

二日酔いの際には果物がお勧めです。
その他にも肉や魚介類、卵、大豆、キノコ類などがお勧めですが頭痛や吐き気が出ている場合には食べられないと思います。

 

果物、特にフレッシュジュースなどは飲みやすいため効果が期待できます。
脱水症状というのは読んで字のごとく身体の水分が失われている状態です。

スポンサーリンク

アルコールには利尿作用がありますので水分を多く排出してしまいます。
この場合は食べ物というよりは飲み物を飲むようにしましょう。
水分補給ですので水、もしくはスポーツドリンクなども効果が期待できますのでお勧めです。

 

最後にアセトアルデヒドがありますがこれは肝臓がアルコールを分解する時に生成される物質で身体にさまざまな悪影響を及ぼしてしまいます。
これによって吐き気や頭痛などの症状が出る場合もありますし、飲み過ぎると肝臓が分解に忙しくなり、身体にエネルギーを送る作業が滞ってしまいますので低血糖症になってしまうことがあります。
そのため飲み過ぎには注意が必要です。

 

また糖分が不足してしまうと肝臓の働きが弱くなりますのでご飯を食べたほうがいいというのはこのような理由が挙げられます。

 

【まとめ】
原因…低血糖、脱水症状の可能性
食べたほうが良いご飯…肉、魚介類、卵、大豆、キノコ類、果物類

 

おそらく二日酔いの症状が改善しないうちはご飯、食べ物が喉を通らないという状況になっていると思いますのでお粥などの胃にやさしいものから食べるようにしましょう。

スポンサーリンク

二日酔いおすすめサプリメントランキング