低血糖 症状 覚え方 はひふへほ

低血糖の症状の覚え方ははひふへほ

スポンサーリンク

低血糖に関しては放置しておくと恐ろしい結果を招く可能性もあります。
だからこそ放置は厳禁ですが、問題は自分がそのような状況にあることに気づかないケースです。
そのため、症状に関するはひふへほの覚え方がありますので、これを覚えておきましょう。

 

 

【低血糖の症状について】
膵臓に何かしらの問題が生じてしまった場合に、インスリンが過剰に分泌されてしまい、その結果として血糖値が下がったままになる低血糖症になってしまうこともあります。
そうなると人間は食べ物を欲するようになり、その結果として太ることもあるのです。

 

 

このような状況は放置しておいて良いものではないので、太ることを自分で自覚したのであれば、それは早期に解決しておきましょう。

 

 

【はひふへほの覚え方を覚えよう】
また、低血糖に関しては「はひふへほ」という言葉による覚え方がありますので、このはひふへほの覚え方を頭の中に入れておきたいと言われています。

 

 

どういうことかと言えばはひふへほの「は」は腹が減る、「ひ」は冷や汗が出る、「ふ」は震える、「へ」は変にドキドキする、「ほ」は放置しておくと意識がなくなるというように、はひふへほの頭文字をとって、その症状やその後の実情を説明していますので、低血糖に関してははひふへほの覚え方で頭の中に入れておくようにしましょう。

 

 

いざ、自分が低血糖になったかもしれないと思ったときに、はひふへほの覚え方を思い出し、自分の症状と照らし合わせればいいのです。

 

スポンサーリンク

【症状が出てくる原因とは】
そして、そもそもはひふへほの覚え方で知られる低血糖の症状がどうして出てしまうのはなぜなのかと言えば、それは食生活に大きな原因がある場合もあります。

 

 

そのため、こうした症状が出た際には適切な治療と同時に自分自身のライフスタイルを見つめ直すことも考えておきましょう。
大きな症状のひとつが太るということなので、これを年齢のせいにする人もいますが、違うケースも多いのです。
覚え方を把握した上で、いざというときに備えましょう。

 

 

放置しておいても何もいいことは無いのが低血糖症と言えます。
また、意識を失ってしまうなど重篤化させてしまう可能性もありますので早期の対処を心得ておきましょう。

スポンサーリンク

二日酔いおすすめサプリメントランキング