飲んだ後 二日酔い 防止

飲んだ後の二日酔い防止方法/やるべきこと、やってはいけないこと

スポンサーリンク

二日酔いというのはアルコールの影響によって次の日に起こる症状です。
これを防止するためにはさまざまな方法があります。
特に飲んだ後というのは防止するためにはとても重要です。
その方法についてお話していきましょう。

 

 

【二日酔い防止する方法】
二日酔いはアルコールの影響によって起こる3つのことが原因となっています。
アセトアルデヒド、脱水症状、低血糖症の3つです。
これらを予防してしまえば二日酔いになることはありません。
最も有効な対策は飲み過ぎないことです。

 

アルコールの分解というのはとても時間がかかります。
例えば体重68キロの人がビール瓶1本を飲んだ際に分解にかかる時間は4時間となります。
これは体重によって変わりますので軽い人ほど遅くなる傾向にあります。

 

計算式はこちらになります。

・体重(kg)×0.1=1時間に分解されるアルコール量

自分の体重で計算してみましょう。
ただしアルコールの度数や量などによっても誤差が出る場合もあります。

スポンサーリンク

【飲んだ後の対処】
「水分補給」
飲み過ぎたと感じた場合の対処方法は、まず水分を補給することです。
アルコールには利尿作用がありますので水分はどんどん失われています。
脱水症状になることでも二日酔いを引き起こす可能性がありますので水分補給は重要です。
アルコールの濃度を下げる期待も出来ます。

 

「グレープフルーツやトマトジュースを飲む」
フルクトースを含んでいるグレープジュースやブドウ糖、アラニン、グルタミンなどのアミノ酸を含むトマトを摂取することも効果を期待できます。
水分補給と同時にアルコールの分解を促進させる成分も含まれているのでオススメです。

 

【飲んだ後にやってはいけないこと】
「お風呂やサウナに入る」
お風呂に入ることによって汗でアルコールが出ていくと考える人もいるかもしれません。
しかしこれは間違っています。
上述しようにアルコールの利尿作用によって水分が失われている状態となります。
この状態でお風呂やサウナに入ることは危険となりますのでシャワーだけにしておきましょう。

 

「薬を服用しない」
頭痛や吐き気などの症状が起きているからといって薬を飲むことはいけません。
薬の説明書にも記載されていると思います。
アルコールと薬を分解するのは肝臓です。
アルコールの分解を優先してしまうことによって薬が分解されずに効果が強く出てしまうことがあります。
そうなると副作用も強くなりますので避けましょう。

 

【まとめ】
二日酔いを防止する方法というのはさまざまな方法があります。
しかし、一番効果を期待できるのは水分補給になります。
ツボを押したり、サプリなどで手助けをすることは出来ますがまずは水分補給を行いましょう。

スポンサーリンク

二日酔いおすすめサプリメントランキング