二日酔い 不安感 解消

二日酔いでの不安感…その解消法とは!?

スポンサーリンク

仕事先でストレスが溜まりお酒を飲んで忘れようなどと考えている人には注意が必要です。
お酒を飲んでいるときは気分が高揚していますので勢いがありますが、アルコールが抜けていくにつれてどんどん不安感が出てくる場合があります。
二日酔いの場合も同様です。

 

二日酔いになった場合に不安定になるという人は意外と多いのではないでしょうか。
そこについて詳しく解説していきましょう。

 

 

これにはドーパミンとセロトニンという脳内の物質の影響があると考えられます。

 

ドーパミンとは楽しさなどの感情をコントロールしており、脳内に分泌されることによって楽しいと感じます。

 

セロトニンというのは不安な気持ちやストレスなどを抑えることによって気持ちを落ち着かせ安定させる脳内物質です。

 

この物質はうつ病などの治療にも使用されています。
これらは気持ちを落ち着かせ楽しくしてくれる効果があり、飲んでいる最中に分泌されます。
そのためストレスから解放されたりポジティブな気持ちになります。

 

しかしなぜ次の日に気持ちが不安定になってしまうのでしょうか。

スポンサーリンク

これにはいくつかの原因があります。
睡眠不足も関係しています。
飲み会となると帰りも遅くなり、また次の日が休みだと飲む量も増えてしまいがちです。
このように飲む量が増えるということは帰りも遅くなりますので睡眠不足ということもあるでしょう。

 

アルコールが残っていることによって睡眠が短くなったり浅くなったりしますので疲れが残っている状態です。
セロトニンは前日に大量に分泌してしまったため、翌日は分泌量が少なくなっていますので気持ちが沈んでしまう場合があります。
これはアルコールの分解が終われば回復します。

 

アルコールによって飲んでいる最中は理性や思考、感情などの抑制が解除された状態の反動ともいえるのが不安感です。
これを解消するというのは難しいことです。

 

解消というわけではありませんが飲み過ぎないということは大切です。
ストレスの発散は他の方法で行うなど、自分なりの解消方法を考えてみましょう。

スポンサーリンク

二日酔いおすすめサプリメントランキング