二日酔い 嘔吐 止まらない 対処 原因

二日酔いで嘔吐が止まらない場合の対処方法/原因を知り解決しよう

スポンサーリンク

前日の飲み会で飲み過ぎてしまった、友人と飲み過ぎてしまったなどの際には翌日起きたら二日酔いになってしまっている…といったことは誰にでも経験があるのではないでしょうか。
その際には吐き気、頭痛などの症状に見舞われてしまうこともしばしば…。

 

【嘔吐が止まらない場合の対処方法とはどのようなものがあるのでしょうか?】

 

 

先に答えを言ってしまいますが吐き気や嘔吐が止まらない場合にはアルコールの分解、アセトアルデヒドの分解を促進させる必要があります。
解消へ向かわせるのが水分補給です。
これを頭に入れておいてください。

 

まずは二日酔いの原因から見ていきましょう。
アルコールの利尿作用によって脱水症状になっていると考えられます。
これは利尿作用があることによってナトリウムやカリウムなどが尿とともに排出されます。

 

そのため血液中の水分も減少していきますので吐き気などの症状を伴います。
またアルコールを分解するのは肝臓ですが、その際にアセトアルデヒドという物質が生成されます。
このアセトアルデヒドが悪影響を及ぼし頭痛や吐き気、嘔吐などの症状を引き起こすと考えられていますので飲み過ぎてしまうことによって分解にも時間がかかりますので症状が緩和されない状況になります。

スポンサーリンク

肝臓というのは元々は糖分を保管していたり供給する働きがありますのでアルコールが入ってくるとアルコールの分解を優先しますので糖分が不足してしまいます。
そのような状況になると低血糖の状態となる場合があります。
その際にもこのような症状が出る場合があります。

 

胃に負担もかかっていますので胃酸過多になってしまい胸焼けや胃のむかむかとともに吐き気などが現れます。
二日酔いの対処法は「水分」補給を行うことです。
上述したようにアセトアルデヒドが悪影響を及ぼしている場合がほとんどですのでアセトアルデヒドを薄めることにより症状が緩和されます。

 

嘔吐によって食道は胃酸によって傷つけられている可能性もありますので水を飲むことによって食道を洗う効果も期待できます。
これらのことから二日酔いで吐き気が止まらない場合の対処方法のオススメは水分補給です。

 

辛い吐き気などを薬で抑えることも有効ですが原因が食中毒などの原因である場合、薬の服用によって抑えることは危険となる場合もありますので注意しましょう。

スポンサーリンク

二日酔いおすすめサプリメントランキング