二日酔い 解消 対策 予防 症状

二日酔いの症状、予防、対策などを詳しく解説していきましょう。

スポンサーリンク

お酒を飲む機会というのは多いもので、新年会、忘年会、結婚式など色々な機会があると思います。
楽しいお酒の席ではついつい飲み過ぎてしまうこともありますよね!
そんな次の日には辛い二日酔いで休みの日が潰れてしまうということもしばしば…。

 

このサイトでは解処方法などさまざまなことに触れていますので他のページも参考にしてみてください!
まずは基本的な知識、予防や改善方法についてお話していきましょう。

 

 

【原因】
代表的なものとしては3つあります。

 

「脱水症状」
「低血糖症」
「アセトアルデヒド」

 

この3つのどれか、もしくはすべてが要因となっていることがあります。
ひとつずつ見てみましょう。

 

脱水症状

脱水症状とはアルコールの利尿作用が悪影響を及ぼしています。
これが最も多いと言われている原因で、アルコールには500mlのむと1リットルの水分が失われると言われています。
飲んでいる最中にも注意が必要です。

 

低血糖症

低血糖症はアルコールを分解している肝臓が影響しています。
飲み過ぎてしまうと肝臓はアルコールを分解することを優先しますので、他の身体にエネルギーを供給するという機能を低下させてしまいます。
脳は糖分を必要としていますので、その供給が低下することによって糖分が足りなくなります。
また肝臓は糖分を8時間分貯蓄していると言われていますが貯蔵している分がなくなってしまい低血糖症となってしまうことがあります。

 

アセトアルデヒド

・肝臓がアルコールを分解する際に生成される物質「アセトアルデヒド」には毒素があります。
強い毒素と言われており、身体にさまざまな悪影響が及んでいます。
特に日本人の場合はアセトアルデヒドを分解させるアセトアルデヒド脱水素酵素の分泌が低い、もしくは欠如している場合もありますので分解が遅いとも言われています。

スポンサーリンク

【症状】
上記のような場合は頭痛や身体のだるさ、吐き気、嘔吐、食欲不振、筋肉痛、下痢など個人によって異なりますがさまざまな症状が現れます。
アルコールの影響によって胃酸の分泌が多くなっている場合には胃もたれや胃のむかつき、胸やけなどの症状が出ることもあります。

 

【解消方法】
まずは水分補給をしましょう。
アルコールによって脱水症状となっている場合が多いですし、血中アルコール濃度も高まっていますので水分補給によってそれらの状態を緩和させます。

 

また低血糖症となっている場合には肝臓へと糖分を補給させる意味でも水分と同時に糖分も取れるフレッシュジュースなどもオススメです。
素早く水分補給をした場合には常温のスポーツドリンクも効果が期待できます。

 

アセトアルデヒドを分解を促進してくれるものはしじみの味噌汁などもオススメです。
ハマグリやしじみ、あさりになどに入っているアラニン、グルタミンなどの成分が分解を促します。

 

【対策・予防】
「飲み過ぎないようにする」というのが一番の対策になります。
飲み過ぎを防止することによって二日酔いは起こらなくなります。
しかしそうはいかないものですよね!
そんな時の予防法をいくつか紹介しましょう。

 

「お酒と一緒に水分も取りましょう。」
お酒は水分ではないの?という声が聞こえてきそうですがアルコールの利尿作用の問題です。
上述した通り、利尿作用によって多くの水分が失われますので水やスポーツドリンクを飲んでいる最中にも飲むようにしましょう。

 

「空腹時は避けるようにしてください。」
空腹時に飲酒をしてしまうと一気に胃で吸収してしまいますので避けましょう。

 

【予防にオススメの食べ物】
吸収を遅くするもの…ナッツやくるみ、バターなどの脂肪分が多いもの

 

肝機能を促進するもの…ブロッコリーやキャベツなど

 

アセトアルデヒドの分解を促進するもの…しじみ、はまぐり、あさり、タコ、イカ、ナッツ、ごま、卵など

 

【まとめ】
お酒は百薬の長と言われていますが、そのあとには続きがあります。
万病の元とも言われていますので飲み過ぎには注意しましょう。
予防や対策をとることによって二日酔いを緩和することも出来ますので試してみてください。

スポンサーリンク

二日酔いおすすめサプリメントランキング